<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雨後のタケノコにょきにょきと

e0023517_21104467.jpg
ごぶさたしておりますが、お元気ですか。
なんだか身辺があわただしく、写真をアップする時間がなかなかない6月です。まさに雨後のたけのこ状態で、いろんなことが一斉に動き始めております、はい。

物事が停滞しがちな梅雨の時期に、それはそれでうれしいものであります、はい。
って何のことやらって感じですよね、すいません。

今月はあちこち旅したり、自転車ごと転んで顔ズリむけたり、親知らず抜いたら顔腫れ上がって1週間痛みに苦しんだりと、なかなかレッツハバパーリーな1ヶ月でございました。

でも、なんというか、いろんなことがめまぐるしく動くのって興奮しますね。

e0023517_2123368.jpg
めまぐるしく成長する、の図。
[PR]
by akiedayumi | 2013-06-22 21:09 | 関西

京にのぼって風呂にいけ

いきなりで恐縮ですが、キヨトの銭湯を愛しております。
東京ではどんどん姿を消している銭湯。
残っているところも建て替えしたりして、近代的に変貌したりしておりますが
古都の銭湯はまだまだ健在。古き良き銭湯の雰囲気をそのまま維持しているところが、さすが千年の都。
e0023517_171276.jpg

というわけで、入ってきました。
どうですか、この風情。
外から見ると、ただの民家。でもれっきとした銭湯であります。

e0023517_1711331.jpgいいですねえ。
くぐりたくなる暖簾ですねえ。

早速くぐってみると、昔なつかしい番台に、これ以上似合う人はいないというほどチリッチリのパンチパーマをかけたオバチャンが「おいでやす〜410円。タオル持ってはる?」とニッコリ。

反対側の男湯から学生らしき兄さんたちが出てくると「学校はちゃんと卒業しいやあ〜。ほなな」と一言。フレンドリーな空気が満載です。

e0023517_1713576.jpgこっそり撮ったのでブレブレですが、内装もレトロモダンですばらしい。こぢんまりしていて、それぞれの湯船は2人はいればいっぱいになっちゃうコンパクトさですが、勝手がわからない私を見てオバアチャンたちが「ほれ」と湯桶を渡してくれたりして、すんなりとけこめてしまうやわらかさがあります。

今回の目的は「人間洗濯機」!  といっても要はジャグジーみたいな円形の浴槽があって、水流がゆるーくぐるぐる回るだけのシンプルな作りなんですが、下からブルーやらピンクやらオレンジやらライトが光ってなんとも不思議な雰囲気。高度成長期に大変流行ったらしいのですが、現存するところはほとんどないようです。

かなりあつーいお湯だったので、ゆったり入るというわけにはいきませんでしたが、汗がひくのを待っている間に「あそこのトメさん、どないしたん」「熱が出てきついらしいで」「熱ってなんぼ」「35.7やて」「それひくないか」「ふだん35.3なんやて」とコントのような会話を堪能しました。

キヨトはやっぱり、面白い。
[PR]
by akiedayumi | 2013-06-02 17:22 | 関西