<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

じっちゃんさまは無事らしい

おととしから去年初頭にかけて、このブログで多くのファンを生み出した
うちの近所のじっちゃんさま。
かれこれ1年ほど前から、ぱたっと新作が出なくなり、石ひとつ動かなくなりました。
「これでフィックスってことかなあ…」と前を通るたびに寂しく思っておりました。

で、今回の地震が起きてすぐに様子を見に行ってみたのですが
石がすべてなぎ倒されたままになっていて
「じっちゃん大丈夫かなあ〜」と思っていたところ
e0023517_1704090.jpg
どうやら大丈夫のようです。

今日の強風で多少倒れている石もありますが、見たところ、手を入れた形跡あり。
よかったよかった。

e0023517_1794668.jpgよく見ると、かつては大きな半島だったり、リアス式海岸のようだったりしたのが、いつのまにか松島のような景勝地っぼい地形に変わっていました。

舟を守り包み込むような弓状の入り江や、ハート型のような小島が点々と続き、神々しさすら感じさせる穏やかな風景が広がっています。

なんかちょっと、泣ける。

もしもこの場所が地上に本当にあるのなら、一緒に行ってみたいよ、じっちゃんさま。


過去のじっちゃんさまの地上絵はこちら
[PR]
by akiedayumi | 2011-03-26 17:07 | じっちゃんさまの地上絵

こんな時こそゴー・トゥ・ヘル

最近ここを紹介してくださった方々がおられたようで、この場を借りてお礼申し上げます。
前回更新した後アクセス数が仰天する数に急増しましたもので
「え、これは炎上? 炎上なの? ライトマイファイヤー?」
と小心者のわたくしは「ああひどいことを言ってしまった」と夜も眠れませんでした。

嘘です、よく眠ってます。

その後「おもしろかったよー」という声を何人かにいただき、ようやく心穏やかになりました。
とはいえ時勢も時勢、これからはもう少し自重しようと心に決めたのですが
e0023517_21564184.jpg
しょせんわたしが今対峙しているのは、こういうもんなんです。

「トレールペーパー」

いかにも人を食ったような名前ですが、要するに、検便のための「ブツ」をのっけてトレールためのペーパー。使った後はそのままトイレに流せるスグレモノです。

こんな時にどうかとも思ったんですが、予約入れてたし、なんもかんもキャンセルしたりされたりしてばっかなのもアレなので、行ってみることにしたのです。人間ドック。今ならすいているだろうし、ということで、

レッツゴートゥー…

e0023517_21561380.jpg

ヘル

e0023517_2223859.jpg
チェック。

ってケンカ売る気?

最初は誤植かと思ったんですが、パンフも書類も看板も同じでした。いくら「ああヘルスのスはthだから、きどった人には聞こえないよねなんせthだしね」と思っても、人間ドックにこれ以上ふさわしくないネーミングがあるでしょうか。

そんなわけでトレールペーパー広げて格闘しているわけですが、普段は便秘気味なのに、地震以来ストレスなのか、やけに快眠快便。出すものなくて途方に暮れております…。

e0023517_22125793.jpg

軽く「星の王子さま」っぽい雰囲気を醸し出していますが、かぶっているのはエアリーなヘアじゃなくてウ○チですよね。
[PR]
by akiedayumi | 2011-03-22 22:21 | つぶやき

トイレットペーパーはじめました

トキヨではトイレットペーパーが完全に消えました。
停電はあっても断水の話は出ていませんし、なんでですかね。
あんたたち今までトイレどーしてたん?と聞きたくなりますが、
トイレットペーパーが切れた友人は「ペーパーないか〜」と亡霊のように街をさまよっています。
e0023517_12564862.jpg
というわけで、提供します。

はい、ペーパー。



てめえの尻はてめえで拭け、とはこういうことですね。「これは拭ける……!?かも」とキャッチコピーを変更したいと思います。

ペーパーバックみたいなざらざらした紙なので、お尻がお弱い方は気をつけたほうがよろしいかとは存じますが、ソフトカバーなので表紙も使えると思います。ホントに困ってる方はぜひお使いくださいませ。

なんせご覧の通り、売るほどありますから(爆)
こんな時に皆様のお役に立てるなら、立てるならば…トホホ…

せめて、ちぎって使う前にちょっとでも読んでくださればワタクシ本望でございますっ!

e0023517_136292.jpg
こっちはいい紙。
たぶん拭くとき気持ちいい。
[PR]
by akiedayumi | 2011-03-17 13:08 | つぶやき

あっけらかんと、生きてます。

地震から3日たっても、相変わらずご心配の連絡をいただいております。ありがたいことです。
ご心配なく。おそらくどんな天災や事故の時でもそうだと思うのですが、
現実はあんがい平穏で、みんなあっけらかんと生活しています。

e0023517_17132169.jpg地震当日。
帰宅した時のわが家です。いや別に普段からこうじゃないんですよ、いつもはキレイなんですよ、ホントホント・・・

よくぞここまでという感じの荒れっぷりでした。扉という扉が開き、冷蔵庫とパソコンがずれまくり、プリンターは棚から投身自殺。「あんたどっから来たん?」と聞きたくなるほど、モノが不思議な場所へワープしていました。

近所の友人などに聞くと、ほとんど被害のないケース多数。うちはダンプカーが通るだけで揺れるような地盤で(プラス古いアパート)、東京でも特殊じゃないかと思います。

しかし、ここまでくると針が振り切れますね。ちゅうわけで写真撮りまくり。そして、部屋片づけついでに荷物をばっさばっさと断捨離なう。本当に大切なものは、そんなに多くないものです。

e0023517_1721331.jpg地震翌日。
地震当日はもちろん混乱しましたが、翌日以降もじわじわと影響が広がっています。

用事あって、たまたま東京駅に行きましたが、新幹線が止まっている影響で構内には段ボールをしいて眠る人、改札の前で電車を待つ人、帰りを待つ人、人、人、人。お店も早々に閉店し、人はたくさんいるのに売っているものがない、という状態でした。

e0023517_1724246.jpg地震3日目。スーパーの棚からものが消えました。

計画停電が発表されたことや、物資が東北方面に向かうことなどから、刻一刻とものが減っていくのを目の当たりにしました。パンや米、カップ麺がまっさきになくなり、次いでスープや缶詰、惣菜が消えました。もはや軽くオイルショック状態。

商品が到着した気配はなく、在庫が切れたものから棚がからっぽに。今後いつ入荷するかわからないという話で、本当に何もなくなるかもしれない、というひんやりした不安が這い上がってきます。

e0023517_17314348.jpg乾電池、カセットコンロ、トイレットペーパー、生理用品、おむつあたりは、まっさきに消えましたね。

こうやって見ると一大事みたいな感じですが、街はいたって平穏。いつもの風景にちょこちょこ非日常がはさまってる状態です。ケータイの緊急地震速報にもすっかり慣れました。

なんかこの感じ、どっかで味わったなあ、と思ったらヌーヨークでした。非常口はどこにあるか、チェックするのが当たり前だったのに、いつのまにかぼんやりしちゃったな。

今では買い物をしながら「今地震が来たらどう逃げる?」とおのれに問いかけ、地震速報がくるたびに中腰で足をふんばって下半身をきたえ、備蓄食糧をチェックして「よし、あと何日は生きられるな」とほくそ笑んでおります。不謹慎かもしれないけど、この非常事態を味わいながら、東北で被災した人たちに何ができるか、今自分ができることを粛々とやりながら考えようと思います。

地獄をみたってハラはへるし、極度のストレスの中でも笑える瞬間がある。笑ってれば、けっこう元気になるもんです。こういう時こそ、避難所で「笑点」とか落語とかお笑い番組とか流してほしい。マジで。

というわけで、ご近所のみなさーん! もし停電になったら、みんなで闇鍋やろうぜいっ♪
[PR]
by akiedayumi | 2011-03-14 17:45 | 関東