天に通じる視力回復センター

e0023517_10123864.jpg
昔の人は「天に通じる橋!」とすばらしい眺めに感嘆したのでありましょうが、現代っ子の私は「目の体操!」とばかりに廊下の奥ばかり眺めてしまう、それが元・ド近眼の性。

レーシックをして2年半。この半年の間に急激に視力が落ちてきたので、なるべく見晴らしのいい場所に出かけてズームイン、ズームアウトの大特訓であります。

そんなこんなで物事には必ずスランプがあるもので、最近、写真を撮れば撮るほど下手になっているような気がします。そういう時はどうするか。撮って撮って撮りまくるか、逆に撮るのをやめるか。

ここのところ、どこに行っても面白い看板などに出会わなくなりました。アジカン恋しや〜

今年はあちこち出かけてズームイン&アウト、実験しながら模索したいと思っております。「あそこであんなアジカンを見ました!」情報もお待ちしております〜。
[PR]
by akiedayumi | 2009-01-14 10:25 | 関西


<< 祈願スタイルにも時代の波? 走る者にしかわからない喜びがある。 >>