人物写真が好きになる国

e0023517_1846546.jpgこのブログを読んでいる人はうすうす気づいているかと思いますが、実を言うと人物写真が苦手なんですよ。自分だけの問題じゃすまないからね、人物は。その人と自分との距離感とか、出会い頭の偶然性とか、フィーリングとかいろいろ。

そういう意味で、インドは今まででいちばん人の写真を撮った旅になりました。

「撮ってもいいですか」と聞いて断られることはまずなかっただけじゃなく、街角で「いいからオレを撮れ」と近づいてくる人も多かったのにはおどろいた。しかもお金とるとかじゃなくて、純粋に撮られて喜んでんの。

写真が珍しいだけじゃなくて、基本的にインド人は自分大好きと見たね(笑)。断られっぱなしのカリブとは対照的でした。

写真はアネハヅルの大群を見に行ったケチャンにて。孫と一緒でいい〜顔してんだよね、おじいちゃん。こういう顔をされると、撮るのが楽しくなってきます。
[PR]
by akiedayumi | 2006-11-10 08:29 | ビバ!インド


<< 家族の肖像 ハンドメイド愛 >>