標高1200mで、そば刈り

e0023517_1317109.jpg長野から路線バスで1時間、戸隠(とがくし)へ行く。

海と温泉さえあれば幸せな私にとって、山とか高原とかいう場所はめったに行かない場所だ。緑は気持ちいいけれど、海から離れた内陸はどうにも不安になる。しかし、この戸隠は妙に落ち着く空気がある。メシもうまいし、やけに面白い人たちもたくさんいるし。若者のUターン率も相当高いという。なんでだろうと思ったら、山岳密教の聖地だった。また来たいと思わせる、不思議な磁力のある村である。

戸隠そばの取材で2日間そばづくし。運良くそばの実の収穫を手伝えるチャンスも。刈り上げたそばの茎から、そぎ落とすように実を集める。続けているとトランス状態になって、これがまた。

山の澄んだ空気のなかで黙々と摘む、摘む。いやあ〜贅沢ですなあ。
[PR]
by akiedayumi | 2004-10-13 00:00 | 甲信越


<< 見上げるピーカン、うつむく男 キジムナーがやってくる >>