サムライ・ヒーロー

e0023517_10462132.jpg幕末日本を舞台にしたトム・クルーズ最新作「ラスト・サムライ」(12/5公開)のポスターがヌーヨーク中で一斉に貼られたのは先週。日曜のNY TIMESに気になる記事発見しました。

「サムライ・ヒーロー」というタイトルで、この映画でハリウッドデビューする渡辺謙を特集。西郷隆盛をイメージしたカツモトという役で登場するケンワタナベは「主役のクルーズより出番は少ないのに、クルーズに匹敵するほど強烈な印象を残している」と絶賛。

「普段の自分はほんとフツウの男なんですよ〜」なんていう本人の談話もまじえつつ、「タイトルの示す“ラスト・サムライ”とは、クルーズ演じるアルグレンではなく、ワタナベが演じるカツモトなのだ」としめくくり。

ホメ殺しです。
[PR]
by akiedayumi | 2003-11-04 00:00 | ヌーヨーク03


<< 一寸先は闇 ほったいもいじんな >>