カテゴリ:関西( 18 )

雨後のタケノコにょきにょきと

e0023517_21104467.jpg
ごぶさたしておりますが、お元気ですか。
なんだか身辺があわただしく、写真をアップする時間がなかなかない6月です。まさに雨後のたけのこ状態で、いろんなことが一斉に動き始めております、はい。

物事が停滞しがちな梅雨の時期に、それはそれでうれしいものであります、はい。
って何のことやらって感じですよね、すいません。

今月はあちこち旅したり、自転車ごと転んで顔ズリむけたり、親知らず抜いたら顔腫れ上がって1週間痛みに苦しんだりと、なかなかレッツハバパーリーな1ヶ月でございました。

でも、なんというか、いろんなことがめまぐるしく動くのって興奮しますね。

e0023517_2123368.jpg
めまぐるしく成長する、の図。
[PR]
by akiedayumi | 2013-06-22 21:09 | 関西 | Comments(5)

京にのぼって風呂にいけ

いきなりで恐縮ですが、キヨトの銭湯を愛しております。
東京ではどんどん姿を消している銭湯。
残っているところも建て替えしたりして、近代的に変貌したりしておりますが
古都の銭湯はまだまだ健在。古き良き銭湯の雰囲気をそのまま維持しているところが、さすが千年の都。
e0023517_171276.jpg

というわけで、入ってきました。
どうですか、この風情。
外から見ると、ただの民家。でもれっきとした銭湯であります。

e0023517_1711331.jpgいいですねえ。
くぐりたくなる暖簾ですねえ。

早速くぐってみると、昔なつかしい番台に、これ以上似合う人はいないというほどチリッチリのパンチパーマをかけたオバチャンが「おいでやす〜410円。タオル持ってはる?」とニッコリ。

反対側の男湯から学生らしき兄さんたちが出てくると「学校はちゃんと卒業しいやあ〜。ほなな」と一言。フレンドリーな空気が満載です。

e0023517_1713576.jpgこっそり撮ったのでブレブレですが、内装もレトロモダンですばらしい。こぢんまりしていて、それぞれの湯船は2人はいればいっぱいになっちゃうコンパクトさですが、勝手がわからない私を見てオバアチャンたちが「ほれ」と湯桶を渡してくれたりして、すんなりとけこめてしまうやわらかさがあります。

今回の目的は「人間洗濯機」!  といっても要はジャグジーみたいな円形の浴槽があって、水流がゆるーくぐるぐる回るだけのシンプルな作りなんですが、下からブルーやらピンクやらオレンジやらライトが光ってなんとも不思議な雰囲気。高度成長期に大変流行ったらしいのですが、現存するところはほとんどないようです。

かなりあつーいお湯だったので、ゆったり入るというわけにはいきませんでしたが、汗がひくのを待っている間に「あそこのトメさん、どないしたん」「熱が出てきついらしいで」「熱ってなんぼ」「35.7やて」「それひくないか」「ふだん35.3なんやて」とコントのような会話を堪能しました。

キヨトはやっぱり、面白い。
[PR]
by akiedayumi | 2013-06-02 17:22 | 関西 | Comments(0)

低空飛行でハーフウェイ

e0023517_11562326.jpg
みなさま、おくればせながら新年あけましておめでとうございまする〜m(_ _)m

昨年は諸事情によりあまり更新できなかった「つぶデジ」ですが、今年は開設10周年の節目でもありますので、はりきって更新してまいる所存でございます。え、毎年それ言ってるって? まあまあそこはほら、正月だから。無礼講ってことでね、さあ飲んだ飲んだ。

さて、この冬は大型連休となった人もいると思いますが、わたくしも久しぶりにあちこちさすらってまいりました。そんでもって、いろんなところでおみくじをひいてきましたよ。複数回ひいて一番いいやつを運勢とする「おみくじハイスコア形式」を近年採用させていただいております、ハイ。

e0023517_127664.jpgなかにはこんなおみくじも。あらプリチー。

e0023517_1275760.jpgでも結果は辛口。

結局、4ヶ所でひいて「半吉」「中吉」「小吉」「半吉」。ま、何度ひいても要は大したことないよってことですね。とほ。

ちなみに「半吉」はキヨトでひいたのですが、関東では「中吉」はあっても「半吉」はあまり見かけたことがありません。中吉ってこと? と気になって神社の方に聞いてみると

吉まで道半ばという意味ですね」

あ、なーるほどね、吉まであと半分もあるってことなですかああそうですか

・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。

泣。

e0023517_12162031.jpgもちろん速攻で結んできました。念入りに!

運勢は大したことないけど、結んでも小鳥ちゃん、あなたかわいいから許します(運勢は低くても目線は上から)

そんなこんなで今年も低空飛行でがんばります。本年もどうぞよろしく。
[PR]
by akiedayumi | 2013-01-06 12:21 | 関西 | Comments(3)

キヨト・まるまる1個の謎

先日、旅好きの友人から唐突に質問された。「ねえねえ、モーニングで出てくるゆで卵ってさ、普通1個だよね?」
質問の意図がよくわからなかった私は「まあ、普通は1個でしょ。それが?」と返すと、
友人は頬に手をあてて「やっぱそうだよねえ」と考え込んだ。

「それがさ、こないだ泊まった京都のホテルにカフェがあって、
そこはデニッシュパンのモーニングが売り物らしくてさ、やたらにモーニングを前面に押し出してるのよ。
モーニングが売り物ってのも変わってるけど、もっと気になるのがモーニングのメニューに

ゆで卵まるまる1個
て書いてあったのよ。
普通ゆで卵って1個でしょ? だったらわざわざ【まるまる1個】なんて書く必要なくない?
もー気になって気になって!」

そう言われると私も気になってきた。なので、調べてみた。
問題のホテルのサイトを見ると、やはり友人が言った通り、トップページに堂々と
「当ホテルで不動の人気を誇る『デニッシュモーニング』。
是非一度自慢のモーニングをお召し上がり下さい!」と書いてある。
e0023517_15173766.jpg

しかし、その詳細ページをクリックしてみると…

e0023517_15222766.jpg

あれ。
ただの「ゆでたまご」になっている。

友人にそう言うと「えー!だってこないだ泊まった時は、まるまる1個って書いてあったんだよー!」
ますます気になって、「ホテル名 まるまる1個」で検索してみる。

e0023517_15245865.jpg

すると出るわ出るわ。一見同じ詳細ページに見えるのだが…

e0023517_15263256.jpg

まるまる1個。

調査の結果、問題の「まるまる1個」表記は今年7月までメニューに載っていたことが判明。
そうすると、ここで2つの謎が浮かび上がる。

謎1.なぜ「まるまる1個」とついていたのか。
謎2.なぜ「まるまる1個」が突然消えたのか。

2については、友人と検討した結果、
「不況による経費削減のため、ゆで卵を半分にカットすることになった=まるまる1個でなくなった」
のではないかと推測。
もしくは「まるまる1個」と強調したいサムシングスペシャルな卵ということか?

1については皆目見当がつかず。ゆで卵はまるまる1個がグローバルスタンダードのはずだろう。
まるまる1個でなければエッグスタンドの立場はどうなるんだ。
しかも「1個」じゃなくて「まるまる1個」と強調さえしている。どういうことなんだ。

調べれば調べるほど気になってくるので結局

e0023517_15331446.jpg
確認に行っちゃいましたテヘペロ。

実地検証の結果、モーニングのゆで卵は「まるまる1個」で出てきました。

そのへんの京都人をつかまえて「京都ではゆで卵ってまるまる1個じゃないんですか」と質問してみたら「まるまる1個ですがな」と不審顔で答えられました。

くそー、一体なんなんだ、まるまる1個って! どなたかご存じの方、教えてください。

ちなみにもうひとつ「京都ボロニヤの怪」というミステリーもあるのだが、それはまた別の話。
[PR]
by akiedayumi | 2012-11-04 15:42 | 関西 | Comments(4)

天に通じる視力回復センター

e0023517_10123864.jpg
昔の人は「天に通じる橋!」とすばらしい眺めに感嘆したのでありましょうが、現代っ子の私は「目の体操!」とばかりに廊下の奥ばかり眺めてしまう、それが元・ド近眼の性。

レーシックをして2年半。この半年の間に急激に視力が落ちてきたので、なるべく見晴らしのいい場所に出かけてズームイン、ズームアウトの大特訓であります。

そんなこんなで物事には必ずスランプがあるもので、最近、写真を撮れば撮るほど下手になっているような気がします。そういう時はどうするか。撮って撮って撮りまくるか、逆に撮るのをやめるか。

ここのところ、どこに行っても面白い看板などに出会わなくなりました。アジカン恋しや〜

今年はあちこち出かけてズームイン&アウト、実験しながら模索したいと思っております。「あそこであんなアジカンを見ました!」情報もお待ちしております〜。
[PR]
by akiedayumi | 2009-01-14 10:25 | 関西

男はだまって市松!

e0023517_13435155.jpg
全身バーバリーでキメて、チェックだらけの男がいたんですよ〜
なあ〜にぃ〜、やっちまったなあ。
男はだまって市松模様!

きれいだねえ、市松。やっぱ日本人は市松だねえ。

キヨトの東福寺にて。こんな庭がうちにほしい。
[PR]
by akiedayumi | 2009-01-10 13:47 | 関西

たりないものを、ほしがる人へ。

e0023517_21523786.jpg新年あけまして、おめでとうございます。年末年始の里帰りは甥っ子姪っ子攻撃と肉体労働にまみれ、それ以外の時間は朝ドラ『ちりとてちん』を1話からまとめ見。親子3代で笑って泣いて大騒ぎ。

小学4年でも落語で笑えるんだなあ、というのは新たな発見。そして去年、母が入院中に落語にハマったという話も初めて聞きました。こうして何かが誰かに伝わっていくのだなあ〜などと、妙に感慨深い2009年の幕開けです。

写真は京都にて。デイケアサービスセンターの隣に、成人向け映画館がありました。老人とエロ、これもひとつの需要と供給? ウブなアタイは動揺してうまく撮れませなんだ。修行がたりん。新年一発目がこんなんでごめん、今年もよろしく。
[PR]
by akiedayumi | 2009-01-05 22:01 | 関西 | Comments(2)

フラットアイアンあをによし

e0023517_822810.jpg
あをによしなタイミングで? 先日、奈良へ行ってきたんですけどね、この店の前を通った時、なんかどっかで見たことあるなあ〜と思ったんですよね。

「榛原のフラットアイアン」と呼ばせてください。





ってあらビックリ、あの超有名ビルを撮っていないことに今気づきましたよ。
ヌーヨークのフラットアイアンビル
[PR]
by akiedayumi | 2008-01-20 08:15 | 関西 | Comments(0)

うっとりするよな京町家

e0023517_10172332.jpg
今回の京都は全てにおいてツイてた気がする。

この半年で、京都の町家ゲストハウスに泊まるのは3回目。出張が突発的な延泊になり、急遽泊まった下京区の「胡乱座(うろんざ)」

安宿系では有名なところみたいだけど、たまたま見つけ、たまたま空き室があり、たまたま相部屋にひとりで泊まれた。


e0023517_10173458.jpg
この宿は築100年越えの古い京町家を改造したもの。ただただ古いだけの町家ゲストハウスと違って、ここはリノベが隅々まで行き届いていて、古いけど清潔で機能的。

エキゾチックな家具やインテリアもそこここにあり、一言で言えば「絵になる町家」という感じだ。


e0023517_10174633.jpg
あいにくの雨だったけれど、それはそれで趣あって良いではないか、という気持ちにさせてくれる空間。

四条河原町まで歩いていけるし、近くに銭湯もあって(なんと2フロアある!)言うことなし。これで1泊2200円。
定宿決定ス。
[PR]
by akiedayumi | 2008-01-14 10:27 | 関西

ひこにゃん狂想曲

この夏、アキエダ家はちょっとした騒動になった。その原因はそう・・・
e0023517_9415041.jpg

こいつである。
名前は「ひこにゃん」。

始まりは、5月に贈った友人Mへの誕生日プレゼントだった。いやげもの系のプレゼントを半ば競うように贈りあっているMと愉快な仲間たち。今回は京都タワーのキャラたわわちゃん(ダッチ○イフそっくりと噂の)をプレゼントしてやった。

するとどうも、たわわちゃんを描いたデザイナーが「ひこにゃん」というキャラも作ったという情報を入手。夏にやってくるMの妻Nの誕生日にお贈りし、ぜひ部屋に揃って飾ってもらおうではないか!

調べてみると、ひこにゃんは国宝・彦根城築城400年祭のキャラクターだという。なんと奇遇な。彦根には友人がいる! さっそくお願いして、ひこにゃんのぬいぐるみを送ってもらい、来るべき誕生日まで部屋に飾っておくことにしたのだ。

e0023517_948599.jpgすると、ちょうど我が家に遊びにきた姪っ子ユカピーが、ひこにゃんに一目惚れ。「どうしても連れて帰る〜」ときかないので、しかたなくひこにゃんを渡すことに。

そしたらどうだ。里子に出されたひこにゃんが、なぜかユカピー家で大ブレイク。そこに目をつけたのがユカピー父。「買ったばかりのバイクを転がす大チャ〜ンス!」。ひとりバイクで彦根城へ出かけ、ひこにゃんグッズを山ほど購入し、山口の実家にやってきたのだ。

次に暴れ出したのは、地元の姪っ子トモトモ。グッズの山に目もくれず、ユカピーが大事に持っているぬいぐるみが欲しい、とだだをこね出した。ぬいぐるみはないんだよ〜他のなら何でもあげるよ〜と言っても「やだやだ!」。ユカピーも「これだけは渡せない!」。そうなるとどうなるかというと…

e0023517_9572352.jpg
こうなるわけですね…
だって彦根、東京に戻る途中に寄れるんだもんよ。

聖地?彦根は街中どこもかしこもひこにゃんだらけ。そして恐ろしいほど、にこにゃん大人気。

e0023517_10205640.jpgしまいには「生ひこにゃん」まで。。。

会場には「ひこにゃん登場場所」とでかでかと書かれ、ひこにゃん会いたさに長蛇の列。着ぐるみひこにゃんが登場した途端「きゃーーー」かなんか黄色い声が上がり、女子群がる群がる。

いやそれ、中身たぶん学生ですから・・・

そんなこんなでひと夏続いた、ひこにゃん狂想曲。里帰りから戻ると、水やり当番を頼んでいたサノからの贈り物「ひこにゃんガシャポン」がちんまりと机の上に残されており、「ああ、今年の夏は本当に暑かった」としんみりした8月の終わり。

依然、妻Nの手には渡っていないままである。
[PR]
by akiedayumi | 2007-09-24 10:24 | 関西 | Comments(6)