カテゴリ:10年回顧( 4 )

アジカンがあるから旅は楽しい。

えー、なんとなくダラダラやっております10周年回顧キャンペーンですが
この「つぶデジ」で最も多いエントリーは「アジカン保存会」。
全国の道っぱたにひっそり生存している、味のある看板を採取して愛でようと
そういった趣旨のひとりサークル活動でございますが、
この10年で1/4がアジアンがらみのエントリーでした。

このブログを「おかしなカンバンの写真ブログ」、
私を「おかしなカンバン写真を撮り集めている人」、
という風に認識する人が増えたのも当然といえば当然かもしれません。
というわけで今回は「アジカン保存会〜正統派アジカン編」をお送りします。
e0023517_12214972.jpg
正統オブ正統、交通標識でございます。2004年採取。

この美人系標識は秋田に多いことで有名でしたが、今でもそうなのでしょうか。この10年、行く土地行く土地でアジカンを探してまいりましたが、「アジカンの聖地は秋田」という思いはいまだ揺るがず。秋田は文化もそうですが、すべてが味わい深く、懐が広く、何度行っても飽きるということがありません。
旅せよ乙女より

e0023517_9482126.jpg
何の脈絡もなく唐突にあらわれる、それがアジカンの醍醐味であります。このカンバンも田園風景の中にいきなりあらわれました。2005年採取。

なぜここに。なぜダチョウ。ダチョウ牧場かと思わせておいて、実は野菜直売所のカンバンという、すさまじい破壊力。
アイム・ベジタリアンより

e0023517_11231268.jpg
広告カンバンは近年すっかりこぎれいなものが増えましたが、それでもよくよく探せばテイスティな作品はまだまだございます。こちらはマンダムテイストですよ。若さプレゼントですよ。

e0023517_11214894.jpg
ハゲバージョンもテイスティ。
2006年採取。
男気ベンチより

e0023517_84301.jpg
こちらはインドの交通標識。スクールゾーンの標識と思われますが、なんともいえずテイスティ。インドのカンバンは、どれもすばらしい味わいでございました。
ハンドメイド愛より

e0023517_9222925.jpg
所かわってヌーヨーク。2008年採取。
床屋さんというのはどこの街でも親しみやすいものですが、

e0023517_9241981.jpg
女子がいかりや長介似。おいっす。
ロマンスのかほりより

ってなんだか収拾つかなくなってきたので、このへんで。
[PR]
by akiedayumi | 2013-10-16 13:00 | 10年回顧 | Comments(0)

ヌーヨーク・カンバン物語

つぶデジ開設10周年記念「勝手に回顧キャンペーン」を実施しておるわけなのですが、
昨日会った友人に「あなたって海外で暮らしてたんだよねえ…」としみじみ言われました。
彼女と仲良くなったのはここ数年なので、当然ながら10年前の私を知りません。
ふむ、10年を振り返るのってなかなか面白いな。

というわけで、今日のテンプレートは「秋の旅」です。
10月にこんなに暑いと、今年の紅葉は期待できないかもだなあ。

そんなこととは関係なく、今日もヌーヨークネタです。
なにしろおもしろカンバン好きの私ですが、
ヌーヨークは日本のように街にカンバンや広告があふれていないので
もっぱらポスターや交通標識を撮っておりました。
e0023517_10311526.jpg
天下のアカデミー俳優デンゼル・ワシントンもこの扱い。映画やテレビのポスターは格好の標的であります。
日本は人の目があるせいか、なかなかこういうイタズラがなくて残念。

超大作なのに…より

e0023517_9222764.jpg
「電車に外から乗っちゃいけません」の警告ポスター。
実際やる人がいるから警告されるわけで、日本じゃありえないですね。

サーフィンUSAより

e0023517_11493021.jpg
ペットの後始末をちゃんとしないと罰金ですよ、の標識。
飼い主の腰つきに愛を感じます。

後始末のゆくえより


e0023517_9433266.jpg
ナイスなマネキンディスプレイ。東北のさびれた観光スポットにいる、ほっかむりしてる外人マネキンのような愛らしさ。

コスプレより

e0023517_13421640.jpg
イタリア系のお店はだいたいおじさんががんばってます。
日本でおじさんが店頭でがんばってるのってケンタッキーぐらいです。

e0023517_13431345.jpg
かわゆい女子とか、おいしそうなご飯作ってくれそうなマンマとかでなく、ひたすらヒゲのおじさんです。

看板おじさんより


e0023517_11514244.jpg
なんだろう、イタリアにおけるおじさんステイタス。気になりますが、なんとなくおいしそうに思えるから不思議です。

謎がとけていくより

e0023517_10191226.jpg
ところでヌーヨークといえば、自由の女神ってまだ閉鎖になってるんでしょうか。早く落ち着いてくれればいいんですけどねえ…。
というわけで最後はリバティ島で見つけたテヘペロ女神。

いやげものより
[PR]
by akiedayumi | 2013-10-11 10:07 | 10年回顧 | Comments(3)

あんときのイノキ

10周年記念つうことで、日替わりでテンプレートを変えておりますよ。
今日はさわやか系で。

さて。2003年はなんというかまあ、試行錯誤、五里霧中の日々でございました。
毎日がひどくめまぐるしく、でも何ひとつ進んでいなくて、
自分が根底からゆさぶられる感覚を常に感じておりました。
異国で暮らして景色をちゃんと味わえるようになるには、ある程度の時間がかかります。

そんな日々を、クイーンズの小さな町で過ごしていたわけですが
住んでいたのは、なんだか不思議なアパートメントでございました。
e0023517_2219762.jpg
当時のメンバーです。なつかしいなあ。

さよならイノキより

「アイ ラブ ヌーヨーク」をお読みいただいた方は覚えておいででしょうか。あのイノキです(笑)

あれから10年。今、ここにいる誰ともつながっていないなあ。
いろんな国からいろんな目的で人が行き交うヌーヨーク。
出会いと別れをくり返す町であります。
[PR]
by akiedayumi | 2013-10-10 07:53 | 10年回顧 | Comments(0)

ヌーヨークでカンバンに目覚めました。

というわけで10周年記念の勝手に回顧シリーズ〜〜。
今回改めて振り返ったところ、10年の間で書くに書いたり876本!
写真ありきなので1本1本は短いですが、この飽きっぽい私がよく続いたもんだ。

考えてみれば、この「つぶデジ」を始めた2003年当時、
ブログをやっている人はまだそんなに多くなかったんですよね。
「つぶデジ」もスタート当初はホームページの1コーナーとして始まったのでした。

「毎日ちょこっと更新できるコーナーを作りたい」ということで
当初はヌーヨークの情報やらなんやらをコラムにして更新しようと考えていたのですが
毎日ヌーヨークを徘徊しているうちに、ヘンテコな広告やカンバンが多いことに気づいて
気が付けばヘンテコ写真コーナーみたいになっていったのでありました。
e0023517_20324325.jpg
こんなのとか。

がんばれキャプテンより


e0023517_21425378.jpg
こんなのとかね。

アートの原点、もしくは「にわかせんぺい」より

その後わたしが味のある看板、通称「アジカン」を撮り続けるようになったのは、
間違いなくヌーヨークがきっかけですね。
しかし、スタート当初はアホみたいに毎日更新してますなあ。
とにかくもうヒマにまかせて町を徘徊して写真撮りまくってました。

10年前から写真の腕も、撮るものも、ほとんど変わってないことが一番の衝撃であります…。
[PR]
by akiedayumi | 2013-10-09 10:07 | 10年回顧 | Comments(2)