カテゴリ:愛をたずねて昭和喫茶( 1 )

昭和喫茶でつかまえて

e0023517_14335269.jpgふう。2ヶ月ぶりくらいに、何もない休日です。あー長かった。今回はちとキツくて心折れそうになりました。なんとか峠を越えてひと安心。あとはお盆休みに向かって突進あるのみですね。

こんな休日は、喫茶店にしけこむことにしております。

今年に入って、ある日突然「ああ、自分にカフェは無理」と気づきました。おされカフェやらブックカフェやらシアトルスタイルやらいろいろ行くものの、どうにもぬぐえない違和感。そして10年以上たってようやく「カフェではくつろげない」ことがわかったのです。

で、今年に入って週末に喫茶店をめぐるのが習慣になりました。純喫茶と限定はせず、街でまだ現役の「昭和喫茶」。仕事のない日は、たいていどこかの街の昭和喫茶にいますのでつかまえてください。

e0023517_1445488.jpgしかし東京には、初めて入るのにちゅうちょする喫茶がたくさんあります。崩れ落ちそうに朽ちた店もあれば、常連さんしかいないような店も結構あって、なかなかなアウェイ感です。でも意外とそういうところが居心地よかったりするので、やめられません。

こちらは、先日行ったお店。
入口からして既にハードル高いです。

e0023517_14511995.jpgお店は雑居ビルの上。看板を頼りに、薄暗い階段をひとりのぼっていきます。

e0023517_1452885.jpgさらに上へ上へのぼります。このへんで心が折れる人もいそうです。

e0023517_14531850.jpg引き返そうかどうしようか悩みながらたどりつくと、あら意外とちゃんとしてました。

e0023517_1454617.jpgドアを開けると「へいらっしゃーいっ!」と元気居酒屋風にマスターが迎えてくれました。

こういう「喫茶っていうかスナック?」みたいなお店、意外とたくさんあるんですよね。純喫茶寄りのお店は造りがいちいち劇的で、一歩入った途端に異次元です。

あと、お客さんが確実に50オーバー。じっさまばっさまも多くて、会話を聞いてるだけでコーヒー代が浮いた気になります。

e0023517_1501958.jpg喫茶のマスターっぽくないオイチャンでしたが、コーヒーがむちゃくちゃうまくて感動。

こういうギャップもまた楽し。
[PR]
by akiedayumi | 2013-07-13 15:01 | 愛をたずねて昭和喫茶 | Comments(4)