カテゴリ:ヌーヨーク10+α( 8 )

生々しいほど牛の味

e0023517_2224591.jpg
ミシガンに行った時、干し草のセリ市の隣にあったカフェ裏にぽつんと置いてありました。

「ミッド・ミシガン・アイスクリーム」

寒い時ほどアイスクリーム。9月下旬、気温6℃の風景です。

壊れて放置されているのかと思ったら「夏には現役だよ」と言われました。おそるべしミシガン。

e0023517_22285168.jpg

隣では牛のセリ市。

リアルです。
[PR]
by akiedayumi | 2010-11-11 22:30 | ヌーヨーク10+α | Comments(0)

押し寄せる時間の波を泳ぐ

e0023517_2216528.jpg今月から、新たなチャレンジに取り組んでおります。簡単に言えば、仕事が圧倒的に増えて、自由な時間が圧倒的に減ったということ。先週はその波に完全に飲み込まれ、あぶあぶ言いながら必死で浮いておりました。

なんというかもう、いろんなことがどーんと頭の上にかぶさってくる感じ。かなりの圧迫感でした。

でも時間限られているからこそ、トンチ使って無理矢理にでも絞り出しちゃる。そう思ってしまうのが、あまのじゃくというものです。ていうか結構いいトシなんで、いいかげん時間管理がじょうずになりたい。マジで。

とりあえず、今夜はテレビを消してみました。
テレビがないと、夜はなが、なが、長いんだなあ〜
(なぜ山下清)

まあそんなわけで、しばらくぼんやりした文章が続くかもしれませんが、今月は「更新することに意義がある」を合言葉にしてますので、テケトーにおつきあいください。文章がシャープになってきたら「お、なかなかがんばっちょる」、そうでなければ「ま、いつものことやし」とお思いください。

写真はヌーヨークのメトロポリタン美術館の館内。パプアニューギニア文化フロアだったかな? 
 
あまりに広すぎ&展示多すぎで、何度行っても全部まわれないアキエダです・・・(結局無計画)
[PR]
by akiedayumi | 2010-11-08 22:32 | ヌーヨーク10+α | Comments(2)

おでぶちゃんの時代

e0023517_11222524.jpg
ヌーヨークの、とあるニューススタンドのディスプレイ。
思わず「おおうっ」と唸ってしまったキョーレツさを少しでも味わっていただこうと、
いつもより大きめサイズでアップしております。

e0023517_11241244.jpgどうですか、この迫力。通りすがりに思わず足が止まるほどの吸引力ですよ。

どこのおでぶちゃんかと思ったら、女優のガボリー・シディベでした。今年デビュー作にしてアカデミー主演女優賞にノミネートされた大型新人です。それにしてもファッション誌ELLEアメリカ版での堂々たるカバーガールぶりたるや!かっちょえ〜

この号でELLEアメリカは創刊25周年。ということで、創刊時に生まれた25歳の若きスター25人をピックアップするというスペシャル企画のからみで、4パターンの表紙を作ったらしい。ガボリーもその1人。

左上にも別バージョンの表紙がありますが、並べてみてもガボリーのインパクトは群を抜いてますね。いや、すごいなー。すごいなーアメリカ。あんまりすごいので買おうかと思ったけど、旅先で買うには重すぎるので断念しました。

日本の雑誌でもこんくらいのことやってくんないかな。
[PR]
by akiedayumi | 2010-10-12 11:38 | ヌーヨーク10+α | Comments(3)

もろこし畑とエコな話

e0023517_1525641.jpg私が行っていたミシガンは、五大湖に囲まれた水の国。石を投げると湖に当たるというくらい、あっちゃこっちゃに水辺があって、当然ながら農業・酪農大国でございまして。

特にとうもろこしと大豆栽培が盛んだそうで、こんな風に「おいしいもろこしあるよ〜」的カンバンがあちこちで見られました。

もろこし1ダース、3ドル50セント(約290円)。安い!ってかコーンのダース買いって!

e0023517_15115456.jpgこんな畑が延々と見渡す限り、どこまでもどこまでも続くのです。

そうして大量に作られたとうもろこしの何割かは、バイオエタノールに変わるんだという。

「お金目当てにそっちに乗り換える農家も増えているんだよ」と、教えてくれたのは地元民のパット。

牧歌的な景色にも、確実にエコの波が押し寄せているのでありました。
[PR]
by akiedayumi | 2010-10-11 15:18 | ヌーヨーク10+α | Comments(0)

馬小屋にゃんこ

e0023517_9245275.jpgウィスキー醸造所で飼われたネコを「ウィスキー・キャット」と呼んでかわいがるってのは有名な話ですが、どうやらそれは馬小屋でも同じようで。アメリカでは家畜のいる納屋、馬小屋をバーン(Barn)と言うのですが、どこのバーンにも必ずネコがいました。

ウィスキーキャット同様、ネズミや害虫を駆除してくれるということで飼われるネコ、それが「バーン・キャット」。

なんでわかりませんが、バーンキャットは極端に警戒心が強いか、極端に人なつっこいか、どっちかです。こっちはつれないほう。結局一度もさわらせてくれなかった。
e0023517_929582.jpg

で、こっちは人なつっこいほう。

さみしいのかしらんが、放牧地で馬を眺めながら歩いていて、疲れたのでしゃがんだ途端に膝の上に乗っかってました。

e0023517_9314084.jpg

人なつっこい。
激しく人なつっこい。
最初はかわいいが、これが1時間続くとしんどいですよ。

e0023517_9375772.jpg
どうやっても膝の上に乗ろうとするので、結局根負けして芝生の上にゴロンとなるの巻。

目の前でニャンコがゴロゴロいっていて、隣には子馬が草をはんでいて、見上げれれば抜けそうな青空で、さわさわと草がそよぐ音だけが響いていて。

ああ至福・・・

と言いたいところですが、気温10℃以下で死にそうです。
[PR]
by akiedayumi | 2010-10-09 09:35 | ヌーヨーク10+α | Comments(3)

7周年のぱんぷき〜ん

e0023517_1395038.jpg
なんかこうやって見ると後ろ側合成して増やしてるっぽく見えますね。全部本物ですよ。人の顔よりデカイパンプキンですよ。

9月末になると、アメリカの田舎にはでっかいカボチャがごろごろと並んでいます。ハロウィーン仕様ってやつですが、日本じゃまずお目にかかれないジャイアントカボチャを目の当たりにすると、「こんなカボチャができる畑ってどうなってんねん!?」と純粋にビックリしますね。

カボチャを見ると自動的に間寛平ちゃんの「ぱんぷき〜ん!」が脳内に響き渡るそんなワタクシですが、本日でこの「つぶやくデジカメ」も8年目に突入。

ヌーヨークで始まったこのブログの誕生日を、ヌーヨークから出かけたアメリカ中西部のぱんぷき〜んでお祝いしたいと思います。

はっぴ〜ぱんぷき〜ん♪

PS:昨日どなたかこのブログを紹介してくださったのでしょうか? いつもの3倍近いアクセス数になっていてビックラこきました。どなたかわかりませんが、ありがとうございますm(_ _)m

↑元祖ぱんぷき〜ん♪寛平ちゃんのギャグはどの国でもバカ受けなのでした。
[PR]
by akiedayumi | 2010-10-06 13:16 | ヌーヨーク10+α | Comments(3)

米のバフンはくさくない

e0023517_9423924.jpg今回の旅のテーマは、つまりこういうことです。
馬糞まみれになる

馬糞ウニも好きだが、馬糞も好きだ。ああ大好きだ。

こう見えても馬好き乗馬好きのアタクシなんですが、貧乏人らしからぬセレブリティの味知っちゃったもんだから、結果的に日々「おあずけ状態」。かくなる上は海の向こうで「がっつり・安く・馬にまみれるべし」とばかりに一路アメリカ中西部へ。

ケータイも、パソコンも、ネットもなし。毎日朝から馬小屋の世話をして、馬に乗って、夕方に馬を小屋に戻して、疲れて眠る。そんな日々。

それにしても、アメリカって空気が乾燥してるから、馬糞ぜんぜん臭くないのね。この寂しさはなぜかしら。
[PR]
by akiedayumi | 2010-10-05 09:38 | ヌーヨーク10+α | Comments(0)

あいむほうむ!

e0023517_1033228.jpg

たらいま〜
12日間の旅から帰ってまいりました。

海を渡るとたいがい濃ゆい旅になることが多いですが、今回も予想を上回る濃厚ジャーニーとなりました。

まあ、そのあたりはぼちぼちと。写真もゆるゆるとアップしていきますわ。

今回はなんつっても田舎。ド田舎責めです。人間より牛や馬やブタや鹿やスカンクのほうが多い場所で、ひたすら肉体労働してまいりました。

それにしてもせっかくひきしまった肉体が、帰国わずか2日で元通り。ああ、リバウンドは早い。
[PR]
by akiedayumi | 2010-10-04 10:36 | ヌーヨーク10+α | Comments(3)