カテゴリ:じっちゃんさまの地上絵( 21 )

じっちゃんさまベストセレクション

近所に暮らすじっちゃんさまが、駐車場に小石で絵を描いていることに気づいたのは2009年2月のことでした。
以来2年半、時々家の前を通っては新作をカメラにおさめ、ここに紹介してまいりました。
最近はめっきり創作ペースが落ちているため、紹介する機会がありませんが、
このブログを読んでいる方から「じっちゃんさまは今?」「最近作ってないの?ほれあの、小石のじいさん」
などと消息を聞かれることが増えてきましたので、今日はじっちゃん進捗をば。
年末も押し迫ってまいりましたので、ここらでじっちゃんの「地上絵」を振り返ってみたいと思います。

e0023517_1256165.jpg2009年、初めて見たのは、この駐車場に築城された地上絵でした。

e0023517_12572975.jpg城の地上絵はますます技巧的になっていき、

e0023517_1257191.jpgかと思えば翌日突然釣りキチ的な絵に変わっていたり、

e0023517_12591440.jpg桃源郷のような景色が展開されたりいたしました。


ところが、ある日じっちゃんさまのキャンバスとなっていた車1・5台ぶんほどの空きスペースが突如消えさり、目隠しのようなついたてがスペースの真ん中に設置。

じっちゃんさまの地上絵は跡形もなく消え去ってしまったのです。



しかし…

e0023517_12595362.jpg駐車場死すともじっちゃん死せず。

しばらくたったある日、自転車2台分ほどになってしまったデッドスペースに、帆船が行き交う大河が誕生。

e0023517_1343570.jpgそれはやがて大きな入り江に変わり、ついには岬の向こうには雲を抱いた神々しい山まで現れる一大パノラマ図へと進化していったのでした。



そして今。

e0023517_1364030.jpgじっちゃんさま最新作です。

震災で地上絵もだいぶ崩れたため、しばらくは動きがなかったのですが、現在はこの「入り江」アナザーバージョンがお気に召しておられる様子です。

入り江というより、もはやここはカリブか地中海か。風を操って大海原を旅するパイレーツのように、いくつもの海岸線を船が交錯しております。

e0023517_1393874.jpg以前に比べて海岸線がかなり複雑になっておりますな。

e0023517_13102552.jpg大きな石を組み合わせて、断崖の島も登場。

e0023517_13111573.jpg素材は白い小石や丸い赤石、盆栽に使われそうな個性的な石など。小さな帆船はじっちゃんさま手作りの模様です。

先日たまたま早朝に近所を歩いていたら、公園でラジオ体操を終えて帰宅途中のじっちゃんさまを見かけました。創作活動は相変わらずスローですが、ともあれお元気そうで何より。

目の前をしっかと力強く歩く、小柄なじっちゃんさま。一度も話したことはないけれど、じっちゃんさまの地上絵に出会えたことは、ここに引っ越してきてよかったことの一つです。

うちのアパートは日に日に人が出て行って、半ば廃墟と化しつつありますが(笑)、まだまだがんばって住むつもり。だからそこはひとつじっちゃんさま、そろそろ新作お待ちしております!

じっちゃんさま全ヒストリーはこちら
[PR]
by akiedayumi | 2011-11-26 13:19 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(2)

桜満開、じっちゃんさまの春

e0023517_15371039.jpg

押し倒されそうに満開の桜。
なんやかんやありますが、トキヨもようやく桜が咲きました。

e0023517_15383745.jpg
「花見は自粛しろ」なんつった、どこぞのバカチン知事の言葉なんてガン無視して、近所のもっさりフォレストは花見の宴ざかり。

むしろ例年以上に豪華メニュー&ビール樽買い、でもカラオケはアカペラでしっかり節電(笑)
やっぱりこうでなくっちゃ〜とニマニマしてしまう日曜日。

e0023517_15414092.jpg
そして、じっちゃんさまの地上絵にも動きあり。

なんでしょうか、これまでになくスッキリとして、なかなか大胆な構図になっています。

e0023517_15454031.jpg
正面から。

白い小石はすべて隅に固められ、まるで大きな入り江のような景色です。

e0023517_15471768.jpg
巨石が連なったような小島と、帆船。頼るところのない海原に、切り立った険しい断崖。

何か人を寄せ付けない厳しさのような、孤独と対峙するような力強さのような・・・どこか禅寺の枯山水を思わせる奥深さを感じさせますね。

これは、何かの暗示なのでしょうか。じっちゃん、いよいよこの春に再始動か!?
[PR]
by akiedayumi | 2011-04-10 15:52 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(0)

じっちゃん、動く!?

e0023517_79268.jpg
昨日じっちゃんさまの家を通りがかったら、作品がバラされてた!!

どどどうした、じっちゃんさま?

新作への序章か、はたまた……。しばらく活動に注視したいと思います。


しかしケータイ画像ってなんで青いんだろう。
[PR]
by akiedayumi | 2011-04-05 07:11 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(2)

じっちゃんさまは無事らしい

おととしから去年初頭にかけて、このブログで多くのファンを生み出した
うちの近所のじっちゃんさま。
かれこれ1年ほど前から、ぱたっと新作が出なくなり、石ひとつ動かなくなりました。
「これでフィックスってことかなあ…」と前を通るたびに寂しく思っておりました。

で、今回の地震が起きてすぐに様子を見に行ってみたのですが
石がすべてなぎ倒されたままになっていて
「じっちゃん大丈夫かなあ〜」と思っていたところ
e0023517_1704090.jpg
どうやら大丈夫のようです。

今日の強風で多少倒れている石もありますが、見たところ、手を入れた形跡あり。
よかったよかった。

e0023517_1794668.jpgよく見ると、かつては大きな半島だったり、リアス式海岸のようだったりしたのが、いつのまにか松島のような景勝地っぼい地形に変わっていました。

舟を守り包み込むような弓状の入り江や、ハート型のような小島が点々と続き、神々しさすら感じさせる穏やかな風景が広がっています。

なんかちょっと、泣ける。

もしもこの場所が地上に本当にあるのなら、一緒に行ってみたいよ、じっちゃんさま。


過去のじっちゃんさまの地上絵はこちら
[PR]
by akiedayumi | 2011-03-26 17:07 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(5)

半島を出よ(じっちゃんさま篇)

e0023517_1847272.jpg
今年に入って、まだじっちゃんさまの進捗報告をしていませんでしたね。じっちゃんさまは健在です。ただ、だいぶ時間の流れがスローになってきている模様です。悠久の大河に身をまかせておられるのか、なかなかダイナミックな変化はありません。

が。「水辺と船、そして山」という構図は同じですが、しばらく見ないうちに地形が変わっていました。

e0023517_1903853.jpg以前は入り江、もしくは湖といった感じでしたが、今は手前に何やら半島のようなもの、奥には小さな島らしきものが見えています。

じっちゃん、いよいよ内海を出て出帆でしょうか?

e0023517_18523946.jpg
船もどんどんグレードアップ。
戦艦もあれば、大型客船、帆船にボート、いかだらしきものまで、実にさまざまな船が集まっております。どんな港でしょうか。シーシェパードはいないでしょうか。

e0023517_18543413.jpg
ちなみに、富士山の横にあるパーテションには、鳥と、空飛ぶ船が。
人が登場したのは初めてですが、まさか折り紙で作ってくるとは! 

小石の地上絵、手作り船、立体ロープアート、そして折り紙。どこまでも広がるじっちゃんワールド。

今年も追っかけていきます!
[PR]
by akiedayumi | 2010-02-03 18:58 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(0)

空からじっちゃんを見てみよう、そしてわたしの近況

ごぶさたしております。
なんといいますか、9月に腰をギックリやっちまって以来、
家族の入院で実家に帰ったり、周囲に体調不良者が続出して助っ人づいたりと
いったいどうしちゃったのアタシ?って感じのバタバタオータムですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
e0023517_92385.jpg
私のことよりじっちゃんさまはどうしてんの?という方も多いかと存じます。

じっちゃんさまは元気です。

前回は正面パーテションに突如ロープの富士山がどどーんと現れましたが、視点はさらに上昇。現在は富士を見下ろし、バード気分の鳥瞰図が展開されております。

いよいよ3Dです。

この人もしかしてプロだったりして?とか、ホントはじっちゃんさまじゃなかったりして?とか、疑惑がいろいろ出てきました。

e0023517_9111339.jpg
ところで、わたくし事ながら新刊が出ることになりました!
『真夜中とタマネギとヌーヨーク』。今週土曜発売でございます。

プロモーションがまったくもって後手後手になっておりまして、なんとも心もとないのですが、お近くの本屋さんで見かけられたら、ぜひお手にとってパラパラとめくっていただきたく。よろしくお願いします。

まだ画像出てませんが、Amazonでも取り扱い始まりました。
真夜中とタマネギとヌーヨーク (Linda BOOKS!)


e0023517_9105638.jpg

1カ月半ぶりに休みができたので、ようやく出版にこぎつけた記念にお参りに行ってみることにしました。なぜか柴又帝釈天です。おいちゃんよぅ。

スコーンと青空が抜けております。秋ですなあ。

e0023517_9172975.jpg

運だめしにおみくじひいたら、凶でした。

生まれて初めて凶をひきました。
「どれどれ」と続いてひいた友達も、凶でした。

後にやってきたカップルも、カレシが凶でした。

帝釈天のおみくじ、注意です。

e0023517_9191281.jpg

辰ちゃんもガッカリ。
[PR]
by akiedayumi | 2009-11-19 09:07 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(5)

朝焼けの中で、地形変わる

e0023517_2172484.jpg

久しぶりに朝焼けを見ました。


e0023517_2135012.jpg

そしたら、地形が変わっていました。

前は入り江だったところが土地になり、土地だったところが入り江になりました。

どういう作戦でしょうか。

ひそかに新しい船も加わっている模様。
[PR]
by akiedayumi | 2009-10-25 21:05 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(0)

じっちゃんさま第3章

e0023517_13505342.jpg

天高く……

e0023517_135128100.jpg

じっちゃんさま冴える、秋。

最近は船の配置が日々変わるくらいで、特別動きがなかったのですが、昨日通りがかったら突然富士山がぽっかりと現れていました。

今度はまさかのロープアートか!地上絵から立体物、そしてロープと、広がり続けるじっちゃんさまワールド。

いやー本気で大好きになってきました。この人、いったい何者なんでしょう。引き続き調査します。
[PR]
by akiedayumi | 2009-10-11 13:58 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(5)

赤い帆船がお気に入りらしい

e0023517_78779.jpg
コモ湖のバカーンス風景を描写したかと思われた前作から一転、どっちが海でどっちが陸地かわからない、リアス式海岸みたいな湾岸を走る帆船の群れ。

こちらは数日前の風景。


e0023517_7102235.jpg

こちらは今朝の風景。

こんな感じで、日や時間によって微妙に配置が変わるのです。


e0023517_7115433.jpg

じっちゃんさま、最近は赤い帆船がお好きらしい。

たぶん東京タワーと同じペンキと思われます。
[PR]
by akiedayumi | 2009-09-14 07:12 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(2)

チグリス・ユーフラテスか、ドバイか何か

e0023517_22274617.jpg「地上絵、ついに見つけました!」
近所に住んでいるHさんに場所を教えたところ、私が夏休みの間に発見した模様。すばらしい、よく見つけましたね! 住宅街のどんづまりなんで、説明が難しく。

そんな報告を受けて、私も久しぶりに見に行ってみました。最近はめっきり更新がスローなので、どうせ変わってないだろうと思ってたんですけど。隅田川と思われた川が、大きな湖っぽくなってました。

奥にはサザエのキモのように、細長くうねる河口。さながら肥沃なメソポタミアか、セレブなドバイか、もしくはコモ湖かといった活気あふれる雰囲気。

e0023517_22341013.jpg

大きな帆船が走れば・・・


e0023517_22343314.jpg

小さなイカダやヨットも走る・・・

ちっちゃいフィギュア好きのサノア!! 早いとこ見に行け!なんかすごいことになってるぞー。
興奮して1つ1つじっくり見られなかったので、私も後日鑑賞しに行きたいと思います。

期待を裏切らんなあ、じっちゃんさま。
マジ会いたい。
[PR]
by akiedayumi | 2009-08-24 22:36 | じっちゃんさまの地上絵 | Comments(4)