カテゴリ:四国( 6 )

記憶は沈む

e0023517_7350100.jpg
先日取材した小豆島手延べそうめんの製麺所。目の前にはこんな景色が広がっていました。

そこにはダムがあります。
ダムの下には、いくつかの家と、畑が沈んでいます。
水辺には、朽ちた廃屋がぼうぼうと緑をからませて建っています。

沈んだ家の家族はよそに越していき、製麺所のご家族は、畑がダムに沈むことになって製麺専業になったといいます。

いろいろ、せつねえ。
[PR]
by akiedayumi | 2008-04-05 07:12 | 四国 | Comments(2)

風に舞う白糸

e0023517_9363928.jpg
小豆島で手延べそうめんづくりに密着してきました。小豆島のブランドは「島の光

そうめんの産地は全国にありますが、空気のきれいさモロモロの環境から、天日干しのそうめんは今では小豆島だけとか。

自然食品、天然製法が注目される昨今ですが、自然の力で作るというのは想像を絶する労力で、現場に立ち合うたびに言葉を失ってしまいます。

青空の下で風に舞う、絹糸のようなそうめんの滝。

これが毎朝3時から少しずつゆっくりと、時間をかけて延ばしていった結果だなんて、食べている時は想像もしていませんでした。

美しすぎて泣ける。
[PR]
by akiedayumi | 2008-03-28 09:35 | 四国

声の限りに、うどんディジーズ

e0023517_0381348.jpg

どん!


e0023517_0383847.jpg

どん!!



e0023517_039458.jpg

うっど〜〜〜〜ん!!!!!!




ううう〜〜〜う〜ど〜ん〜〜〜
[PR]
by akiedayumi | 2007-05-08 00:41 | 四国

アート王国・香川です

e0023517_9433340.jpg
香川県は、どうも現代アートで売ってるらしい。
高松駅前やシーサイドにはオブジェの山。
道はまっすぐ、広場ひろびろ。
渡った直島は、アートの島。

港にたたずむ、クサマ的チャリ。
ただの自転車すら「これも作品か?」と思うが
オッサンが普通に乗っていたので違うらしい。
違いがわからない。

e0023517_9434496.jpg
直島はじめ、香川のあちこちで見かけたパンダ。
街角とかに唐突にあるんですけど
アンタ、誰?


e0023517_9435595.jpg
アートな香川はロゴだってアート。
ちょっと、かじられすぎじゃ?
[PR]
by akiedayumi | 2007-05-03 09:51 | 四国

行く末を 問われ黙して 新茶汲む

e0023517_1420639.jpg
四国旅で泊まった温泉旅館で、宿泊客がひねった一句を庭に飾るというサービスがあったんですが、たくさんはり出されている中で一際目立っていたのがこの作品。

なんという意味深な一句でしょうか。。。うなるねえ。

「あたしたち、これからどうなるの!いつ奥さんと別れるの!! 温泉宿で愛人に詰め寄られ、返事に困ってマアマアお茶でも、と文字通り新茶でお茶を濁すオヤジの心情を活写した作品」

とは、友人Aの説。はたまた友人Bは、

「13番札所はどこですか? とお遍路さんに聞かれて、知らない札所で返事に困りつつ、まあとりあえず疲れたでしょ、お茶でも飲んでいきんさい、ともてなす四国人の図」

いくらでもパターンが考えられる、妄想族にはたまらん一句。でも、どんな状況であれ新茶を汲んでるのは男という意見が多いんですが、どんなもんでしょうかね?
[PR]
by akiedayumi | 2007-05-01 14:31 | 四国 | Comments(2)

タイムトリップ歌舞伎旅

e0023517_1136850.jpg和歌山から帰ったと思ったら、今度は香川へ行ってきましたよ。ずっと行きたい行きたいと思っていた四国。ようやく初上陸です。

今回の最大の目的は、こんぴらさんでおなじみの琴平で、年に1度行われる「こんぴら歌舞伎」。会場となる金丸座は現存する日本最古の芝居小屋で、数年前に耐震工事もほどこされて、天保年間の建設当初のままに復元されました。


e0023517_11362164.jpgこんぴら歌舞伎はそんな重要文化財の小屋で、人間国宝ら歌舞伎俳優を呼んで行われる春の風物詩。チケットがなかなか取れないので有名ですが、今回はラッキーなことに、上手最前列のかぶりつき席でバッチリ観劇。チケット取ってくれたOさん、感謝感謝。

舞台裏の動きが如実にわかる、木づくりの劇場。自然光を自在にあやつる、障子の窓。ろうそくの灯りを模した、ゆらゆらと揺れる白熱灯の光。観客もふだんはあまり歌舞伎を見てない感じで、全体的にゆるゆるとアットホームな雰囲気。他にはない独特な空気感は、劇場好きにはたまらんですな。

でも、素人ばっかだけあって、かけ声がぎこちなくて笑えました。「音羽屋!」「成駒屋!」とか屋号を叫ぶやつ。一度、いいところで「よっ、ご両人!」とゆる〜いかけ声がかかって、なんやら愛らしい気分になりましたです。

e0023517_13121769.jpg
江戸の庶民もこうやって楽しんだんだろうなあ〜。ていうか、セットの中にいるみたいな気分。我もビールとお餅でお江戸気分をまったり満喫しましたです。(あ、江戸時代にビールはないか)
[PR]
by akiedayumi | 2007-04-24 13:18 | 四国