カテゴリ:東海( 9 )

エーゲ海に行ってきました。1泊2日で。

e0023517_22551768.jpg
突然ですが、エーゲ海にやってきました。

エーゲ海ですよ、エーゲ海。自分でそういうんだから、きっとそうなんでしょう、ええ。

エーゲ海はなにせエーゲ海だもんで、夜はおちおち歩けませんよ。ええげ、ええげ。

e0023517_2257257.jpg
エーゲ海にはいろんな島がありますよね。

ミコノス島、ミロス島、サントリーニ島、そして忘れちゃいけない…

e0023517_2391076.jpg

ロードス棟。

ホテルの離れに位置するロードス棟、心なしか本館より劇的にしょぼいんですけど、これも戦記の証でしょうか?

e0023517_2325496.jpg

湖正面のナイスビューですよ。なんせエーゲ海ですからね。

え? 養殖地の竿が見えるって? 失礼ですがお嬢様の目は節穴ですえーげ?エーゲ海で養殖やってるわけないえーげ?

そんなわけで、おいしいうなぎがとれるエーゲ海からお送りしました。えーげ、えーげ。
[PR]
by akiedayumi | 2011-11-01 23:05 | 東海 | Comments(2)

いつのまにか、しぞーかを愛していた

e0023517_13415838.jpg

海があって、

山があって、

温泉があって、


e0023517_13421393.jpg

富士山がある。




ずるい。

静岡県はおいしいとこ持っていきすぎだ。

e0023517_13524130.jpg
ついでに「うなぎボーン」もある。
うみゃい。
[PR]
by akiedayumi | 2011-02-11 13:51 | 東海 | Comments(2)

湯治のつもりが、めでタイデー

4月はなんだかひどい天気続きでありまして、野菜もできなきゃ風邪ひきさんも続出中。
かくいう私も寒暖差に体も心もついていかず、誕生月というのにさえない日々。。。
このままGWに突入するのはいかがなものかオレ!と思い、週末に静岡の温泉場へプチ湯治の旅へ。

ところが、泊まった宿がたまたまオープン何周年記念だかで各種イベントをやっておりまして、
そのなかに「無料で地引き網体験」というのを発見。
やったことないし、タダだしってんでやってみっかと参加してみたのです。

そしたらアレだよお客さん。地引き網ってさ、早朝なのよね(気づくの遅すぎ)。
しかもその日は朝から降ったり止んだりの悪天候。しかも気温低いときたもんだ。
浜に到着した途端に大雨が降り、しばし停滞を余儀なくされ、
やっと上がった〜と思って浜に行けば、既に漁はピーク。

「ほら網引いて網!ぼやっとしてないで網ひかんか!魚逃げるだろうがオラ〜!!!」

何の説明もされないまま、いきなり漁師さんの怒声を浴び、半泣きで網を引く、引く、引く。
水ちめたいし、わけわからんし、でも魚は逃したくないので、とにかく引く。
写真撮るヒマもなく夢中でひいてたら
e0023517_2154767.jpg

まさかの大漁


e0023517_21174369.jpg「今日は上等だねえ〜よく穫れたよ〜」
網をしまう、荒々しい海の男たち。

この後、漁師さんたちはおもむろにテーブルを出し、あがったばかりのサクラ鯛をきれいにさばいた後、参加者全員に新鮮な刺身をたっぷりと馳走したのでした。

漁師「まだ食べてない人、手をあげてー!」
(おずおずと手を挙げる、オレ)
漁師「なんだ、おしとやかだなあ。もっと前に出ないとダメだよ」(ニコッ)

ズキューン

職人萌え。

e0023517_21235849.jpg
そこまではまだよかったが、帰り際に「お土産お持ち帰りください♪」と、発泡スチロール箱を渡された。帰宅して開けてみると、でっかいサクラ鯛が5匹。

・・・独居女子にこれをどうしろと?

そんなわけで、特に祝い事もないのだが、なぜかめでタイ毎日で、そもそも自分は何しに行ったんだっけ?と傷む腰をさすりながら思う月曜日であります。。。
[PR]
by akiedayumi | 2010-04-26 21:27 | 東海 | Comments(2)

美しい教科書

e0023517_9393068.jpg昨日にひきつづき、古本のはなし。
残された昭和ひとけたの本や雑誌の中には
教科書らしきものもたくさんありました。

これは国語だろうか、音楽だろうか、
昔よく歌っていた唱歌が載っていました。

見開き1曲で紹介される誌面は、
詩のまわりに必ず美しい挿絵が入っています。
部屋が暗くて撮影できたのはこれだけでしたが、
詩と挿絵が一体になった、本当に美しい誌面に
うっとり。。。

教科書に見ほれるなんてこと、
人生でもうないかも。
[PR]
by akiedayumi | 2008-08-27 09:50 | 東海

昭和はじめのカラフル

e0023517_745827.jpg
「その家にはお宝がある」と聞いていたので、ものすごく楽しみにしていました。

山奥のその家の、古い母屋の軒下から
どっさどっさとわいて出てきた、古い雑誌。

そのおうちの家族や親戚の女性たちが代々残していたんでしょう、
婦人雑誌や家事・裁縫系の冊子が多いです。

奥付を見ると、昭和ひとけたから10年代。
いまから80年くらい前の雑誌たちです。

古本屋でもなかなかお目にかかれないレアものが
無造作に積まれてあって
思わず興奮して大声を上げてしまいました。


e0023517_7586.jpg

「雑誌の紙質は昔のほうがよかった」
とリサイクル関係の業者さんから聞いたことがありましたが、
確かに、黄ばんではいるけれど
触ってみると、さらさらしたとてもよい紙です。

そして、この独特な色味!

この味わいはどこから来るのだろうと思っていたら、
当時はカラー写真がなかったから
白黒写真に上から色を乗せているんですね。

いいなあ〜いいなあ〜

夢中で読んでいるうちに大量のほこりを吸い込み
めまいがしました。。。
[PR]
by akiedayumi | 2008-08-26 07:13 | 東海 | Comments(0)

ホーライ合宿でスタンドバイミー

e0023517_9334372.jpg


ギロチン窓のボックス席で
ぼんやりゴトゴト旅をして、

e0023517_9343229.jpg

山奥の小さな駅で降りました。

当然無人駅のそこは
野道を上って下って改札通るより
線路ぞいに歩いたほうが
確実にホームに近いです。

ウェンナンナイ、ハズカム、エナランディンダー
エンダムーン、イザオンリー、ライウィシー♪

ひとりスタンドバイミー気分でしたが
後ろは急カーブなので、
「あ、電車が」と思った途端にひかれます。


おとなしく野道をくねくね歩いた私は
冒険より命が大事な大人です。
[PR]
by akiedayumi | 2008-08-24 09:40 | 東海

頭を雲の上にだ〜し〜

e0023517_8121180.jpg新幹線に乗るたびに、内心いつも期待しているのは
「富士山」が見えるかどうか。
飽きるほど里帰りしていても、
どうしてこれだけは飽きないんでしょうね。

東京へ戻る新幹線で、今年初めての富士山を拝みました。
こういう富士山を見ると、なんかいいことありそうって思えるから不思議。
思わずケータイでパチリ。

吹雪で終わり、吹雪で始まり
あまりの寒さで何もする気になれなかった年末年始、
これが2008年最初の1枚になりました。

本年もどうぞよろしく。
[PR]
by akiedayumi | 2008-01-05 08:22 | 東海 | Comments(4)

ななちゃん・七色・名古屋嬢

e0023517_1423210.jpg待ち合わせ場所と言って思い出すもの。渋谷ならハチ公、池袋ならいけふくろう、新宿ならアルタ前、東京なら銀のすず、大阪ならビッグマン(まだあるの?)。

で、名古屋と言えば、私なら「ななちゃん」である。ゴマキやらならなんやら、最近のエンタメ界は女子の巨大化がブームらしいが、そのはるか昔、昭和48年から名古屋駅前に君臨するジャイアントマネキン、ななちゃん。

久しぶりに名古屋に行ったら、まだ現役でビックリした。しかもちゃんとミニスカ女子高生だ。なんたって元祖「名古屋嬢」である。「中身」を知りたかろう男子諸君、待ち合わせはななちゃん前で。
 
[PR]
by akiedayumi | 2004-07-22 00:00 | 東海 | Comments(0)

ぴっかぴかの街で、泳ぐ魚

e0023517_13594140.jpg帰国してまず思うのは、どこもかしこもピッカピカだということだ。古い建物が多いヌーヨークと違い、日本では築30年なんて「古すぎ!」と叫んでしまう物件だろう。

ノマドってあちこち出没していても、「一見古びて見えるけど実はレトロっぽく見せているだけの真新しい街」がこんなに多いのかーと思う。それがいいのか悪いのかわからない。古いは古いでボロが出て保存が大変だし、新しいのはどうしてもハリボテ感漂うし。

先頃出かけた城下町にも「キャッスルロード」なる長屋を再現した界隈があった。古城のお膝元に広がるピッカピカの街に、放し飼いにされる真っ赤なコイの群れ。

キミたち、幸せかい?
 
[PR]
by akiedayumi | 2004-07-21 00:00 | 東海 | Comments(0)