カテゴリ:九州( 7 )

金はこっそり工面する

e0023517_11512.jpg
いやはや2月はてんやわんやでした。毎週どこかに出張していたので、写真整理している余力もなければ、現地で写真撮ってる時間もなかったり。どこでも写真を撮っていた私が、異常事態であります。

まあ、最近愛機イクシィが調子悪くて、いい写真とれないってのもありますが。早くカメラ買わねば。。。

で、久しぶりにアップしたら質屋の写真ってどうよ?って話ですが。歓楽街のすぐ裏にあった、なんとも趣のあるたたずまい。場所がまた、北九州は小倉ってところがますますいい。本当は全景を撮りたかったんですが、路地が狭くてこれが精一杯でした。

北九州つったらリリー・フランキーですよ。松尾スズキですよ。似合いますよね。あと松本清張。林芙美子。いかにもですね。

北九州はこういう「特に保存してないけど昭和臭充満」な建物がけっこうあります。レトロ、じゃなくて「ボロい」です。それがいいあんばいで朽ちててよいのです。

質屋に行くならここにしよう、と決めました。もちろん着物で。
[PR]
by akiedayumi | 2010-02-01 11:16 | 九州 | Comments(0)

マウントアソの噴火口

e0023517_1116224.jpg
ここへ来たのは、もしかすると中学の修学旅行以来かもしれません。行ったと思うんだけどディテールまでは全く記憶なし、というレベルの「思い出の阿蘇」へ、この夏、家族旅行で行くことに。

活火山のため、強烈な有毒ガスが発生する阿蘇山火口。風向きなどの関係で、日によって火口まで行けたり行けなかったりするわけですが、この日は幸運にも火口まで見に行けたのでした。

すんごい色だよねえ。なんでこんなエメラルドグリーンになるんだろう。

e0023517_11252824.jpg

しっかし阿蘇、ゴツゴツしてカッコええわあ〜。

山口ケンミンだからか? ビバ、カルデラ!であります。
[PR]
by akiedayumi | 2009-09-09 11:27 | 九州 | Comments(0)

オッサン動物園

e0023517_22221999.jpg小さい頃から動物園が苦手です。狭いオリの中に閉じこめられた動物たちがいたたまれなくて、どうしてこんなところが楽しいんだろう、と子供心に不思議でした。特にこわかったのがクマ牧場。巨体をふるわせて人間にこびる姿が、無性にこわかったです。

この夏、家族で動物ふれあい村的なところに行き、30年ぶりにクマの大群を見ました。

オッサンやん!

オッサンクマたちの目はどろりとして力なく、でんと座ったまま適当に餌を求めるばかり。そのさまを見ていると、さながら阿片窟に迷い込んだような恐怖感に襲われ…。

やっぱりダメだわ動物園。と痛感した2009年、夏。
[PR]
by akiedayumi | 2009-08-17 22:31 | 九州 | Comments(3)

南国なのか、北国なのか

e0023517_1015556.jpg

なかなか頭が混乱する景色ですね。

さつま白波を飲みながら、どさんこラーメンを食べる。そんな九州最南端の1日。
[PR]
by akiedayumi | 2006-12-26 10:18 | 九州

メリイモ・クリスマス

e0023517_12301449.jpg
さすが焼酎の国。九州南端は鹿児島までくると、クリスマスツリーもこうなります。

ちなみにトップで星を冠するのは「幻の焼酎」森伊蔵。日本酒で言うところの久保田みたいなレア感でしょうかね。

ここで一句。

恋よりも 芋に酔うかな 冬さつま
米もあるでよ 栗もあるでよ

要は呑みたいだけの話。
[PR]
by akiedayumi | 2006-12-03 12:38 | 九州

からっぽ、そして新しい息吹

e0023517_9235794.jpg
なにげに廃墟が好きだ。

人の念が残っているようなおどろおどろしいものや、
悲しみが漂うような朽ち果てたものというよりも

ある日突然主を失ってしまった、
あっけらかんとした寂しさのようなもの。

そして、からっぽの中から、
あっけらかんと生まれる命のようなもの。
[PR]
by akiedayumi | 2006-07-20 09:29 | 九州

裏路地人生ひとすじに

e0023517_12575810.jpg先週末、取材で北九州市へ行ってきました。仕事の後、関門海峡の反対側である我がふぐの国へ里帰りしていたのですが、思いっきり地震がきましたねー。震度4にしては、かなり横揺れがひどかった。東京で地震慣れしている私はそれでもまあOKでしたが、ここいらへんの人たちは、めったにない地震にかなり動揺の様子。

それにしても、今回は北九州市の門司港付近の裏路地をめぐるという、ちょっと変わった旅取材でした。北九州は明治・大正時代に炭坑で栄えたエリアで、先日リメイクされた「青春の門」みたいに、一大文化圏を形成したのであります。

中でも軍港として反映した門司港付近には戦災を逃れた昔ながらの域な界隈がそのまま残されているんですよ。お金をかけて改築してレトロに見せているんじゃなくて、ここは本当に「そのまんま」なんです。木造のお家なんで、あと何年この景色が楽しめるのか。。。という感じ。今回の地震の影響を心配していますが(地震が来たらイチコロだね、と話していた翌日に地震が…)次の旅先を考えている方は、ぜひ北九州おすすめです。

裏路地、最高。
[PR]
by akiedayumi | 2005-03-24 00:00 | 九州 | Comments(0)