行く末を 問われ黙して 新茶汲む

e0023517_1420639.jpg
四国旅で泊まった温泉旅館で、宿泊客がひねった一句を庭に飾るというサービスがあったんですが、たくさんはり出されている中で一際目立っていたのがこの作品。

なんという意味深な一句でしょうか。。。うなるねえ。

「あたしたち、これからどうなるの!いつ奥さんと別れるの!! 温泉宿で愛人に詰め寄られ、返事に困ってマアマアお茶でも、と文字通り新茶でお茶を濁すオヤジの心情を活写した作品」

とは、友人Aの説。はたまた友人Bは、

「13番札所はどこですか? とお遍路さんに聞かれて、知らない札所で返事に困りつつ、まあとりあえず疲れたでしょ、お茶でも飲んでいきんさい、ともてなす四国人の図」

いくらでもパターンが考えられる、妄想族にはたまらん一句。でも、どんな状況であれ新茶を汲んでるのは男という意見が多いんですが、どんなもんでしょうかね?
[PR]
by akiedayumi | 2007-05-01 14:31 | 四国 | Comments(2)
Commented by A's at 2007-05-06 00:18 x
あははは~愛人説、笑えます~!!
私はてっきり、もう行く末は死しかないようなおじいちゃんの句かと思いました(笑)
でもなんとなく男性っていうかんじはしますね。
女は、お喋りな生き物だから、黙すってあんまりしないような気がします(笑)
Commented by akiedayumi at 2007-05-06 23:00
>>A'sさん
なるほど、じいちゃんと来ましたか。
他にも「これは己に自問自答している句」という意見も届きましたよ。
みなさんいろいろね〜。
でも確かに女はあんまり黙ってない気がする!


<< アート王国・香川です その雷蔵、プライスレス >>