夜、月明かりの中で見えたこと。

うっかりしていたら、このブログもスタート丸13年の日を迎えておりました。

最初のエントリーは、たしか全米で公開されたばかりの
栗山千明が出演した映画「キルビル」のポスターでした。

e0023517_10262976.jpg
おー隔世の感すごい(しかも写真へたくそ)



13年前の今頃、わたしはアメリカ・ヌーヨークにいて、
厳しい季節をひとりでどうにか生きていこうと
もがきながら毎日写真を撮り続けていました。

そして13年後の今、わたしは遠く離れた新島にいて、
1まわりも2まわりも年下の人たちと
寝食忘れるほど夢中になって課題に取り組んでいました。

あー人生ってつくづく面白い。面白すぎる。
そして日々もがいて悩んでいないと、この面白さには出会えないのだと
しみじみと思わされる今日この頃です。



e0023517_10204000.jpg
カオスの図



日本仕事百貨が主催し新島で行われた「しごとをつくる合宿
飛び入りで参加させていただきました。
地域が抱える問題を事業をつくることで解決しようという
とてもユニークで刺激的な、全国初の試み。

たった3日の合宿でどうなることかと思ったけれど
本当に事業化に進みそうな動きが生まれて驚きました。

それだけでなく、参加者の中から移住を決めた人が出てきたり、
「うちで働かないか」なんてスカウトがあったり、
労働とはちょっとちがう、大きな役割のような「しごと」も生み出されて
ここから生まれた波が、この先どんどん広がっていきそうな手触りがあります。

個人的には、この合宿で得たことが
あまりにも大きく、深く、熱すぎて
まだうまく言葉にすることができずにいます。

それでも合宿3日目の夜、
お互いのことを全く知らないまま集まった仲間と
3日間寝る間も惜しんで見出した答えを発表すべく
真っ暗な夜道を月の明かりを頼りにプレゼン会場へと歩いていたとき

ああ、きっとこの合宿が
わたしの未来を変える分岐点になるだろう
という確信のようなものが湧いてきて
体の震えが止まりませんでした。


e0023517_10462987.jpg

いやあ本当に、人生って面白いです。





[PR]
by akiedayumi | 2016-10-21 10:46 | 都民で島民で村民です。 | Comments(0)


<< 2017年の疾走宣言 ゴーヤおばちゃんと呼ばないで >>