マジックアワーよ、行かないで

e0023517_133877.jpg
新島の美しい自然の写真はいろんなひとがいろんなところでアップしているので、ひねくれ者のわたしとしてはなるべくそういうものでないものを、と目を皿にして探していたりするのですが。

そんなよこしまな気持ちを圧倒するような景色が、こう目の前に広がるとね、もう何も言わずに写真を撮ってしまうのです。

特に日の入りが早くなっている今の季節は、マジックアワーに遭遇する機会が結構あって、集落の向こうの空が赤くなっているのを見ると「ちょ! まってまって」と、サンダルをばたばた言わせながら海までダッシュしてしまうのです。

e0023517_13365852.jpg
それでもマジックアワーは本当に短くて、たいていの場合はベストのタイミングを逃してしまいます。

せっかくダッシュしたんだからと浜辺にねばって、オレンジ色の帯が消えるまでシャッターを押しまくってみるのですが、そういうカットはほとんど使えないしろものなので、帰宅してションボリしながら大量のカットを消去する、のくり返し。

もっとゆっくり暮れてくれないもんか(それよりオノレのダッシュ力を高めよという話)
[PR]
by akiedayumi | 2015-11-23 13:50 | 都民で島民で村民です。 | Comments(0)


<< 離島の洗礼 パノラマを 天地でやって イナ... >>